簡単!速攻!下腹ダイエットで下腹を引き締めぽっこりを解消しよう!

肥満細胞って知っていますか?

肥満細胞という言葉を知っていますか?
肥満細胞とは、免疫システムの重要な部分を構成する細胞組織の一つと言われています。
しかし、こんな説明をされても、何の事かさっぱりわかりませんよね。

 

肥満細胞とは、簡単に説明するとかゆみやくしゃみ、鼻水などのアレルギー反応を引き起こすヒスタミン物質が詰まった細胞のことを言うのです。

 

肥満細胞と名前だけ聞くと、肥満と関わっていると思いがちですが、実際は外部から体内に侵入してきた細菌から体を守る働きをしています。
この細胞の働きのおかげで、病気にかかることなく生活が出来ていると言っても過言ではありません。

 

ただし一見、細菌から体を守る重要な働きをしているかのように見えますが、この肥満細胞は体内に蓄積されていきます。
肥満細胞が皮膚や体のあちこちに過剰に増えて蓄積され、肥満細胞が刺激反応を起こしてしまうことで、かゆみや皮膚の盛り上がりを作り出してしまうことがあります。

 

これを肥満細胞症と呼んでいます。
じんましんによく似ていますがじんましんと違って、毎回決まった箇所でかゆみや皮膚の盛り上がりが見られるのが、この病気の特徴だと言われています。

 

肥満細胞が蓄積される場所は、皮膚だけでなく様々な箇所に蓄積され、胃や腸など消化器官やリンパ腺や骨、肝臓やすい臓など、内臓系にも蓄積されます。

 

この病気は幼児期に発症する病気と言われていますが、大人になってから発症することもあるので注意して下さい。
軽症の場合は、自然治癒することがほとんどですが、あまりにもかゆみがひどい場合は、ヒスタミン剤を服用したり、皮膚にステロイドクリームを塗って治療することもあります。

肥満の種類

肥満は肥満でも、肥満にも種類があるのを知っていますか?

 

・エネルギーの過剰摂取や消費不足が原因の肥満は、単純性肥満といわれています。
単純性肥満とは、食べすぎや運動不足による食生活や運動習慣が問題となる肥満で、肥満の人のほとんどが、この単純性肥満です。

 

・女性がなりやすい肥満には、皮下脂肪型肥満があります。
臀部や腰周りに脂肪がつく肥満です。
皮下脂肪型肥満は乳がんや関節痛、月経異常、貧血など、生活習慣病とはあまり関係のない病気になりやすい肥満だといわれています。

 

・なんらかの病気が原因で引き起こる肥満は、病的肥満と呼ばれます。
病的肥満の場合には、原因となる病気の症状を伴っているので、区別がしやすいです。
甲状腺機能低下症や性腺不全症などの内分泌疾患、薬の副作用などによって起こる肥満で、場合によっては手術が必要になります。

 

・皮膚のすぐ下に脂肪が蓄積している肥満は、皮下脂肪型肥満といいます
皮下脂肪型肥満は女性に多く、洋ナシのような体型が特徴の肥満です。
皮下脂肪型肥満は、ダイエットで落としにくい脂肪タイプの肥満です。

 

・生活習慣病と深く関係している内臓周りに脂肪が蓄積される肥満を内臓脂肪型肥満といいます。
内臓脂肪型肥満は男性に多く、お腹周りの太さが際立ち、リンゴのような体型が特徴です。
内臓脂肪型肥満は生活習慣病を引き起こす原因となるので、できるだけ早めに解消した方がいいでしょう。
同じ肥満でも種類によって、原因や引き起こす病気、対処方法などに違いがあります。

 

肥満と病気の関係性

肥満になると、さまざまな病気を引き起こしやすくなり、合併症の発生率も高くなります。

 

肥満体型では、体全体に対しての負担が大きくなり、特に腰やひざ、筋肉や関節への負担の大きさは、はかりしれないものになります。

 

長期間、肥満体型でいることで体の重みに耐えられず、関節に炎症を起こしてしまい日常生活に大きな影響を与えます。

 

肥満で一番怖いのが、動脈硬化や糖尿病、高血圧、高脂血症、心筋梗塞などの生活習慣病になる可能性が普通体型の人と比べて2~5倍も高くなることです。

 

肥満になってしまった場合には、血糖値を下げようとインスリンが活発に分泌されるようになりますが、やがてインスリンが効かなくなり、血糖値を下げることができず、糖尿病が発症します。

 

糖尿病を放置すると、脳や心臓、目など全身に障害が出てきます。

 

肥満体型の場合では体が大きくなっている分、何をするにもエネルギーが多く必要になり、心臓への負担が大きくなってしまいます。
体が大きくなった分、末端の血管への距離が遠くなってしまい、全身に血液を送り出している心臓の負担が大きくなり、その結果、高血圧となってしまいます。

 

さらに、肥満による高血糖や高脂血の状態は、血液の流れを悪くしたり、血管を詰まらせるなどで、動脈硬化や脳卒中の原因となってしまいます。

 

このように肥満と病気には深い関係がありますが、肥満であることが直接的に「死」に結びつくことはありません。
しかし肥満であることは、肥満が原因の一つとして引き起こる恐ろしい病気の発症リスクを高めてしまっています。