簡単!速攻!下腹ダイエットで下腹を引き締めぽっこりを解消しよう!

子供の肥満の原因

近年、子供の肥満が増えているようで30年前と比べると、男子で3倍、女子で2倍にまで増加しているそうです。

 

子供の肥満も、高脂血症や動脈硬化、高血圧などの生活習慣病になる可能性があるので注意が必要です。

 

子供の肥満の原因は大きく分けると、生まれたときからの遺伝子が原因の肥満と生活環境が原因の肥満の2つのタイプがあります。

 

子供の肥満の7割が、生活習慣の乱れからきているものと言われ、残りの3割が遺伝による太りやすい体質ということになります。

 

肥満は体に脂肪分が蓄積されることで起こるため、原因として考えられるのは、食事の内容や食事の取り方などによるエネルギーの摂りすぎと運動不足による消費するエネルギーの少なさがあげられます。

 

 

最近は、手軽に食べられるジャンクフードをはじめとして、インスタント食品やスナック菓子のような高カロリーで栄養価の低い食品が多くあり、おいしくて手軽に食べられる、このような食品が子供の肥満を招く環境を作ってしまっているということです。

 

また、交通機関の発達や住宅の高層化によって、子供が日常生活で運動する機会が減っています。
子供の遊びもテレビゲームなど、室内で出来る遊びが中心となっていることも、肥満の子供が増えた原因であると言えます。

 

遺伝が原因で太りやすいのはどうしようもありませんが、太りやすい体質であることに加え運動不足や悪い生活習慣が加わることで、肥満になりやすくなってしまいます。

 

少し意識することで、肥満を予防することも十分に可能です。
規則正しくバランスのとれた食事をしっかりと3食取り、できるだけ屋外で体を使って遊ばせてあげましょう。

肥満は遺伝する?

親が肥満体型の場合は、子供にも遺伝して子供も肥満になりやすくなると言われています。

 

親と子供の肥満の発生率を調査した結果からも、肥満は遺伝による影響が大きいこどがわかっています。

 

肥満の原因となる遺伝子には、脂肪の分解を妨げたり代謝の効率を妨げてしまう「肥満遺伝子」というものが存在し、肥満遺伝子が多いほど、肥満になりやすい体質と言えるようです。

 

ただし肥満の原因は、三割が遺伝によるもので残りの七割が生活習慣であると言われています。

 

肥満遺伝子は遺伝しますが、肥満遺伝子があるからといって、必ずしも肥満になるわけではありません。
肥満は、遺伝子との関係以外にも生活習慣の善し悪しが大きく関わっていると言えます。
血の繋がっていない子供でも、一緒に暮らしていると、同じ割合で肥満傾向にあるというデータもあります。

 

同じ屋根の下で生活をし、親と同じ食事をとり、親と同じような生活スタイルを送っていることで、親と同じ肥満体型になりやすくなります。

 

不規則な食生活や運動不足など、親が不摂生をしていると、子どももそれを真似た生活習慣を送ることとなり肥満になってしまいます。

 

肥満遺伝子があっても、規則正しい生活習慣を送り、バランスのとれた食事に適度な運動を行っていれば肥満になることはありません。

 

昔は質素な食事をしていた日本人ですが、近年は食事内容が欧米化してきたことによって肥満体質の人が増えているそうです。

 

日本人は元々肥満になりやすい遺伝子を多くもっており、中でも全体の二割の人が、体脂肪の燃焼を妨げる遺伝子を持って産まれてくるそうです。

 

つまり、誰でも何かしら肥満の要素となる遺伝子を一つは持っていると考えられています。

 

遺伝が原因で肥満になる可能性は大いにありますが、肥満にならないように規則正しい生活を送る努力をすることで肥満を未然に防ぐことが可能になります。