簡単!速攻!下腹ダイエットで下腹を引き締めぽっこりを解消しよう!

くびれ作りの基礎は骨盤 にある

くびれを作るという事は、腰の脂肪をかなり削ぎ落とす必要がありますが、ただ脂肪を落とすだけでは綺麗なくびれはできません。

 

腰の土台、すなわち骨盤が整っていないと、仮にくびれたとしても、歪な外見になってしまい、あまり美しくないウエストラインになってしまいます。

 

折角くびれを作っても、その魅力は半減してしまうので、本気で美しい腰のくびれを作ろうとするなら骨盤をしっかり整える骨盤矯正がまず重要となります。

 

骨盤を矯正する為には、エクササイズやヨガが有効で、特にヨガが良いとされています。
本来あるべき、正しい姿勢で長時間保っておく事で、徐々に歪みが矯正されていきますが、それだけでは治らないので、やはり日頃の姿勢が重要になってきます。

 

いくらエクササイズやヨガで矯正を行っても、日常の中で偏った姿勢をとっていれば、意味が無く、骨盤の矯正は日常生活の姿勢から見直す必要があります。

 

骨盤の矯正は自分一人で実行するより、病院の先生や整体師の方に診てもらい、自分の骨盤がどのように歪んでいるかを教えてもらう方が良いと思います。

 

レントゲン写真で、どの方向にどれくらい歪んでいるかを確認する事で、エクササイズの内容も変わってくるし、矯正の際にイメージがしやすくなります。

 

骨盤の歪みは、回りの筋肉組織や血管、内臓や腸などにダメージを与え、腰痛はもちろん、便秘や生理不順の要因ともなります。

 

健康面から見ても骨盤の矯正は非常によいので、やっておいても損は無いと思いますよ。

リバウンドはくびれの大敵

くびれを作りたいと考えた場合、色々な方法を模索するのはとても重要な事ですが、それよりまず先に、腰回りが太くならない方法を考えるべきです。

 

ウエストにくびれを作る為には、当然ダイエットをする事になりますが、このダイエットで一番厄介な問題にリバウンドがあるからです。
同時に、くびれにとっての最大の難敵も、リバウンドという事になります。

 

せっかく作ったくびれが、わずかひと月の間になくなってしまった…なんて事は普通にあり得ることです。
そうならない為には、くびれを作った後にリバウンドしないような方法を知っておく必要があるんです。

 

バウンド防止のためには、まずウエストが太くなる原因を知っておく必要があり、リバウンドが起こる原因はいくつかあります。

 

まず食事制限をする事で身体が栄養をより欲するような体質になり、吸収力を高めてしまう事が挙げられます。
ダイエット後に甘い物や脂肪分の多い物を食べると、通常以上に太りやすくなります。
食事制限に限らず、体重が5%減以上になると起こる現象です。

 

そして一番の問題は、筋肉が落ちる点です。
ダイエットを運動ではなく食事制限のみで行う場合、脂肪だけではなく筋力も落ちてしまいます。

 

この状況は、リバウンドを生む大きな要素となります。
人間は、筋肉の量に比例してエネルギーを消費するので、筋肉が少なくなると、エネルギーが消費されにくくなります。

 

食事制限だけのダイエット後の身体は、高カロリーの食べ物を食べても、その後なかなかそのカロリーが消費されない身体になっているんです。

理想のウエストサイズを知ろう

くびれを作る上でまず知っておくべき事は、自分のウエストの理想のサイズです。

 

女性が理想のウエストを目指そうとする場合、グラビアアイドルのサイズを参考にする事がありますがそれは得策ではありません。

 

理想を高く持ちすぎるのはよくない…というわけではなく、実際はああいった数字の多くが『誇張』の場合が多いからです。
モデルの方達は、実際に恐ろしいほど細いウエストをしており、実際のサイズに近い数字を出すものですが、グラビアアイドルの場合はほとんどが誇張です。

 

当たり前のように50台のウエストがプロフィールに掲載されていますが、実際に標準体型で50台のウエストというと、かなり痩せている人の数字なんのです。

 

もし実際にそのサイズだったら、病気と思われかねないくらいの細さです。
標準体型であるならば、60台前半でも十分くびれのある引き締まったウエストだと考えても良いでしょう。

 

グラビアアイドルのプロフィールの他にも、ウエストの標準サイズが今ひとつ信憑性に欠ける理由はあります。
身体全体の大きさを考慮せず、ウエストの数字ばかりがピックアップされるからです。

 

例えば、身長150センチ前半の人と、160センチ後半の人では、全く骨格の大きさが異なります。
ウエストの数字はそこを考慮せずに一つの数字で痩せているかどうか、スリムかどうかといった点が判断されています。
よって、理想のウエストサイズは、自分の体型をまず把握しつつ、見つけなくてはなりません。

 

くびれを作る上で、適正のウエストを把握しておく必要がある理由は、健康上の問題と外見の問題があります。
痩せ過ぎは身体によくないし決して見栄えもよくありません。

 

ダイエットが行き過ぎると、稀にもっと痩せなくちゃという強迫観念にかられ、病的なまでに細くしようとする人もいます。

 

そうならないように健康的な範囲で、理想のウエストサイズを最初に決めておく必要があると思います。

くびれを作る為の方法

女性が求める理想の体型は、キュッと引き締まったお尻、適度なボリュームで張りのあるバスト、そしてくびれたウエストのようです。

 

特にウエスト周りの関心の高さは、年々強くなっている感じすらあります。
そんなウエストのくびれを作るには、どういった事をすれば良いと思いますか?

 

くびれは、普通に運動したり食事制限をしたりする方法では、なかなかできません。

 

昔はコルセットを使った矯正が主流だったようですが、この矯正方法はあまり身体によくない所もあるので、最近ではエクササイズでくびれを作る事が主流となっているようです。

 

くわばたりえさんのダイエットで一躍有名になったコアリズムが、代表的なウエストエクササイズです。

 

エクササイズだけがくびれを作る方法では無く、エステに通ってマッサージを受けたり、ヨガやピラティスなどの体操の要素の強い運動をしたり、サプリメントを飲んだりと、様々な方法が試されています。

 

上手くいくケースもあれば、そうでないケースもあり、どれが効率的なのかは人それぞれの相性もあるので断言する事はできません。
自分に合った方法を探すことになるでしょう。

 

いずれにしても、くびれを作る方法はいくつもあるので、一つの方法が上手くいかなかったからといって、全てを諦める必要はありません。

 

時間と労力、そしてコストといった点を考慮しつつ、無理のない範囲で他の方法を試すのが望ましいと思います。