簡単!速攻!下腹ダイエットで下腹を引き締めぽっこりを解消しよう!

BMIの計算方法や平均値

肥満なのか痩せているのか、数値で判断するための体格指数を日本ではBMIと呼んでいます。

 

このBMI値は、どう計算すれば算出するかと言うと算出方法は簡単で、自身の身長と体重さえわかっていればBMI値を知ることが出来ます。

 

体重÷(身長×身長(m))という式で計算ができます。

 

身長160cmで体重が55kgの場合、55÷(1.6×1.6)=21.48となるので、BMI値は21.4となります。

 

BMI値も判定基準があり、指数によって肥満であるか痩せ型なのか判断することが出来ます。
医学的に見て指数22が、最も生活習慣病など病気にかかりにくい数値とされています。
指数が18以下の場合は痩せ型、19~24は標準、25~30未満は軽度の肥満、35以上の場合は肥満と診断されます。

 

指数の数値が高ければ高い程、高血圧や脳卒中などの生活習慣病にかかるリスクが高くなっていきます。

 

近年では、逆に指数が21以下の場合、ガン発生のリスクが高まると言われています。

 

このBMI値だけを見て、肥満や痩せ型と判断することは出来ません。
あくまでも基準なので、容姿が痩せていても指数が高い場合もあるし、肥満に見えても指数が低い場合もあります。

 

人それぞれ体格や体型も異なっているので、総合的に判断する場合は、体脂肪率も測定し、それと一緒に判断する必要があります。

bmi値とダイエットの関係

肥満かどうかを判定するための目安として使われているbmi値ですが、bmi値だけで肥満かどうかを判断することは出来ません。

 

スポーツ選手などプロのアスリートを見るとわかると思いますが、体重の多くの割合を筋肉が占めているので、体重が重いからと言って肥満と決めつけることは出来ません。
bmi値だけで肥満かどうかは判断できないので、体脂肪も同時に測定すると良いでしょう。

 

もちろん、bmi値も体脂肪率も高ければ肥満と診断されて、食事制限や運動を行って、バランスのとれた体作りをしていかなければなりません。
3食のうち1食はローカロリーの食事に置き換えたりするなどして、食生活の改善をはかり、急な運動は体に負担をかけてしまうので毎日少しずつ筋トレを行ったり、ウォーキングを行う必要があります。

 

ちょっと厄介なのが、bmi値は低いにも関わらず、体脂肪率が高い「かくれ肥満」と言われるタイプです。
このかくれ肥満タイプの方には、運動不足の方が多く見られると言われ、不規則な生活を送っていることが多いようです。

 

このタイプの方は健康的にダイエットするために、規則正しい時間にバランスの良い食事を三食摂取することが大事になります。
そして、運動をする時間をなかなかとることが出来ないようならば、日常的に歩く時間を増やしてみたり、エレベーターやエスカレーターを使用せず階段を使用するなど、ちょっとしたことで身体を動かす事を意識して下さい。

 

それだけでも、かくれ肥満は改善されていきます。
bmi値だけでは判断は出来ませんが、自分がどのようなタイプに当てはまるかによって、ダイエットの仕方も変わってきます。

bmi値って何?

インターネットで肥満関連の情報を検索すると、結構な頻度で「bmi」というキーワードがでてきますが、皆さんは「bmi」とは何かご存知ですか?

 

1999年にWHOが基準となって発表したのが「Body Mass Index」で、これを略して「bmi」と呼んでいるようです。
ダイエットをする時の基準にもしていますが、肥満度を判定するためにも用いられています。

 

bmiが基準となる以前は、標準体重を基準として肥満解消のためにダイエットを行ったり、糖尿病治療も行われて来ました。
しかしbmiが基準となってからは、医療機関でも広く用いられるようになっています。

 

bmiは身長と体重さえ測定できれば、簡単にbmi値を知ることが出来、計算式は体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)と簡単なものです。

 

bmi値「22」が理想的な数値とされていますが、この22という数値であればスタイルが良いわけではありません。
これまでの統計的に見て、最も生活習慣病になりにくい健康的な数値ということのようです。

 

国によって食生活や生活習慣が違うので多少標準値も変わるようです。
ちなみに日本では数値だけで見ると、18.5未満は痩せ型、18.5以上25未満は普通型、25以上は肥満型と言われています。

 

bmi値が25を超えると、普通の人よりも生活習慣病にかかる確率が2倍になると言われ、更にbmi値が30を超えてしまった人は肥満症と診断され、肥満を解消するために治療が必要となります。