簡単!速攻!下腹ダイエットで下腹を引き締めぽっこりを解消しよう!

肥満のなりやすい原因

女性は男性よりも肥満になりやすいと言われていますが、女性が男性よりも肥満になりやすい理由には、女性ホルモンの働きが関係あるようです。

 

女性が太りやすいと言われる理由は、大人になり妊娠・出産をするために、思春期から女性ホルモンの働きが活発になるからだと考えられているようです。

 

女性ホルモンが活発になることによって、妊娠出産を行うことができるように、体の全体が皮下脂肪に覆われてふっくらしてきます。
妊娠すると、お腹の赤ちゃんへ栄養を届けるために、食欲が旺盛になるため、より体に脂肪がつきやすくなります。

 

また、女性は男性に比べて筋肉量が少なく、基礎代謝量も男性より少ないので、蓄積された脂肪の燃焼量が少ないことも肥満になりやすい要因の一つになります。

 

このように、女性は女性ホルモンの機能によって、男性よりも太りやすく肥満になりやすいと言えますが、最近の女性はダイエットの意識がとても高く、50歳以下の肥満者が年々減少しています。

 

逆に、男性の肥満者は年々増加している傾向にあります。
男性は女性と違い、ダイエット意識が薄いため運動量が少ないようです。

 

また、多忙な仕事により、偏った食事やストレスの多い生活をしていることから、肥満になる人が増えているようです。

 

それに、男性の持つ男性ホルモンも脂肪を蓄積させる原因の一つとなっています。
基本的には、肥満へのなりやすさは男女関係なく、食生活や生活習慣、運動量などにより、摂取したエネルギーをしっかりと消費してあげるかどうかが重要であると言えます。

何故、アメリカに肥満が多いのか?

アメリカは肥満大国とも言われるように、世界の中でも特に肥満の人が多いと言われています。

 

どうしてアメリカ人に肥満が多いのか、知っていますか?

 

アメリカ人に肥満が多い原因に、決定的な問題がないのが現状です。

 

肥満の原因として考えられていることの一つに、食事の内容や運動量に問題があると言われています。

 

現在のアメリカ人のほとんどが、ファーストフードや高カロリーの食品を主に摂取する偏った食事をしています。

 

健康のために食べるサラダにも、ドレッシングや粉チーズなどをたっぷりとかけて食べているそうです。

 

1970年代から、コーラ・ピザ・マクドナルドなどのジャンクフードを扱うお店が増えてきたことで、ここ30年ほどの間で急激に肥満のアメリカ人が増えてきたそうです。

 

これは日本も同じですが、車やTV、ゲームや電化製品などの開発が進み、体を動かすことが減り、運動不足になっていることも肥満の原因です。

 

アメリカのスーパーには、電動カートが設置してあるくらい運動量が少ない国なのです。それに、アメリカには、ラテン系やメキシコ系の貧しい国からやってきた人種が多く居住しています。

 

彼らがアメリカで急激に高カロリーの食事を摂取し始めることによって、自然と体内にカロリーをため込んでしまい肥満になることもあります。

 

アメリカに肥満が多い理由は、アメリカだから太りやすいという理由ではなく、高カロリー高たんぱくの偏った食事を好んで摂取する上に、生活習慣や運動量が少ないことが原因と言えると思います。